死亡保険の種類

TOP > 保険選び > 死亡保険の賢い選び方 > 死亡保険の種類

保険には、万が一に備える保障や医療保障などさまざまなものがあります。それぞれの保険の特徴をご説明します。

定期保険

掛け捨ての割安な保険・・・

定期保険は一定期間の保障する保険です。
保険期間内に死亡もしくは高度障害状態になった場合に保険金が支給されます。また契約の期間が終わったときに満期保険金などはありません。
終身保険や養老保険と比較して、保険料は安く設定されています。
保険期間は10年・15年・60歳・100歳など必要な期間に合わせて選択できます。

定額型の例

終身保険

貯蓄性のある死亡保障・・・

終身保険は一生涯を通じて保障がある保険です。
終身保険には、将来解約返戻金が発生しますので、保障と同時に長期的な貯蓄機能も備えています。
保険料の払い込み方は、有期払込タイプと終身払込タイプのいずれかの保険料払込タイプをお選びいただけます。
保険料払込期間は解約返戻金を抑制した低解約終身や、保険料や運用が外貨建ての外貨建て終身保険などがありニーズに合わせて選ぶことができます。

終身保険の例

養老保険

万一の保障と貯蓄を兼ねた保険・・・

養老保険は保障と貯蓄を兼ね、保障期間中に万一のことがあった場合には、死亡保険金または高度障害保険金を、満期になると死亡保険金と同額の満期保険金を受け取ることができる保険です。
定期保険に比べて保険金額に対する保険料は割高になります。

養老保険の例

収入保障保険

毎月の収入を確保する保障・・・

収入保障保険は、被保険者が死亡した場合に、毎月決められた保険金を遺族が受け取れる保険です。
収入保障保険には、いつ死亡しても遺族が保険金を受け取れる期間が決まっている確定型と、契約期間の残存期間に合わせて遺族が受け取る保険金が逓減するタイプがあります。
終身保険や養老保険と比べると割安な保険料なので高額な死亡保障が必要な際に向いています。
保険金受け取り時には、雑所得扱いになりますので保障額を考える際には税金も考慮する必要があります。

収入保障保険の例

保険の賢い選び方の解説をしています。

無料相談お申し込みはこちら